奈良県の大野寺の桜まつりはおすすめ!桜の開花期間中限定の御朱印も必見!

 


時期(いつから・いつまで)

2019年は4月上旬から4月中旬・・・ちょうど今が見頃です。4月5日現在で7分咲きで一部開花していない枝垂桜もあったので、もう少しすればすべての枝垂れ桜が満開になるようです。

値段(入場料がかかる場合)

大野寺の桜 (2)

拝観料300円です。桜の維持費用として桜開花の期間だけ徴収されます。

駐車場情報

お寺近くに臨時駐車場(無料)があります。桜祭りの時期だけ国道165号方面は一方通行になりますので、看板の表示に従ってください。


アクセス、行き方

近鉄「室生口大野」駅徒歩7分で着きます。快速急行・急行が停車しますので至極便利です。大阪上本町から電車一本の乗り換えなしで来れます。
名古屋方面からであれば特急で名張下車、普通や急行に乗り換えてください。
マイカーなら国道165号より、看板に沿って進めばすぐです。ただし、道幅が狭いのに観光バスが来るので気を付けられたし。
大阪からなら西名阪~名阪国道針インター経由で、名古屋方面からであれば東名阪~名阪国道針インター経由で、国道165号から大野寺・室生寺方面に向かってください。
そんなに複雑な場所ではないので、カーナビに従って来ていただれば楽だと思います。
山中にポツンとあるわけでなく駅前通りの南端部(室生寺方面への通り道)にあります。大きな看板こそないものの、枝垂桜の木そのものが目印になっています。
団体客用に大型バス駐車場も備わっています。
室生寺を参拝した後に来られてバスで移動される場合は、室生寺発室生口大野駅行バス(奈良交通)で大野寺バス停で下車すぐです。

混雑状況

大野寺の桜

平日であれば、駐車場が満車になることはあまりないと思います。駐車料金は無料です。
枝垂桜の名所として有名なので、観光バスに乗って団体客が来ることがありますから、境内の中はにぎわっています。
土日祝日であればそれなりの混雑が予想されますが、駐車場はそんなに広くないので満車になっている可能性があります。

実際に行った口コミ

 

昨年の台風で枝が折れてしまい小さくなってしまいましたが、それでも見事な花を咲かせていました。
開花時期に合わせて地元の皆さんが桜まつりを開催しておられます。
境内は非常に小さいので30分もあればゆっくりと桜を鑑賞できます。

周辺にホテルはあるか

片田舎にひっそりとあるお寺なのでホテルはおろかお食事処もありません。三重県名張市か奈良県の橿原市あたりに宿泊するのがいいと思われます。

周辺に食事する場所はあるか

桜まつりの期間中に限り、地元の方たちが小さな茶店を開いておられます。甘酒や串こんにゃくが味わえます。抹茶、コーヒーなどもありました。
電車で来るなら社内で駅弁など、マイカーで来るなら周辺の市街地で食事を済ませてから来るのがいいでしょう。

デートで行くのにオススメな理由

有名とはいっても田舎なので、ゆっくりと桜を鑑賞できます。市街地の桜のようにカメラの撮影場所の取り合いなどはあり得ません。
二人きりになれる場所はありませんが、デートスポットとしては良いと思います。

穴場

境内から弥勒菩薩の摩崖仏が鑑賞できます。大野寺の観光スポットの一つです。
また、桜の開花期間中限定の御朱印をいただくことができます。(有料)

少し時期を遅らせして、室生寺とセットで拝観することをお勧めいたします。

子連れ、赤ちゃん連れで行く際の注意点

狭い境内なので、迷子になる可能性はあまりないと思います。境内入り口には急な階段(といっても短いです)がありますので気を付けてあげてください。
トイレはお寺の前の市道を挟んだ反対側にありますが、おむつ交換台などはなかったように思われます。

大野寺の詳細