京都伏見区醍醐寺のお花見は子連れでも大丈夫♪混雑や近隣のドラッグストア情報

醍醐寺にお花見を行く前に、見どころや混雑状況をチェックしておきましょう。

食事どころや、子連れママにオススメの情報も紹介しています。

桜の種類や見どころ

醍醐寺には約1000本の桜があり、その中には京都で最古のソメイヨシノがあります。

太閤しだれ桜の遺伝子を継ぐクローン桜の太閤千代しだれも由緒あるオススメの桜です。

混雑状況

毎年約22万人がお花見に訪れるという醍醐寺。

やはり一番混雑するのは豊太閤花見行列の時期でしょう。

雑踏が巻き上げる砂で埃っぽくなるので、マスクを用意しておくと安心です。

オススメ食事どころ

醍醐寺の中や付近には昔から営まれているお茶屋さんが数件並んでいます。

醍醐駅はショッピングプラザと繋がっているのでレストランやカフェも充実しています。

子連れ情報

赤ちゃんや小さな子供を連れている場合、気になるのはトイレですよね。

醍醐寺には駐車場や三宝院などにトイレがあります。

ですが、混雑するのでできれば入場するまでに済ませておくと安心です。

醍醐駅や、そこから連絡されているショッピングプラザならオムツ替えもできます。

個室の中には3才まで座れるシートもあるので、チェックしておきましょう。

1階のフードコート、2階にはカフェが。

向いの「ダイゴロー」の2階にはちょっとしたレストラン街もあります。

醍醐寺の中にあるお茶屋さんだと落ち着かないという子ども連れの方にオススメです。

近くのドラッグストア

醍醐寺から道を一本西へ、そして南へ少し歩くとドラッグユタカ。

向かい側にドラッグストアのキリン堂があります。

旅行や観光中の体調不良など、いざという時に頼りになります。

ただし、ドラッグストアの駐車場に車を止めて醍醐寺に行くのはNGです。

マナーを守って楽しくお花見をしましょう。


醍醐寺のお花見の混雑状況は?

実際に行った口コミ

醍醐寺のお花見に車で出掛けました。

平日というのもあり運よく醍醐寺の駐車場に入ることができました。

お寺の中は門の前までは拝観料もいらずお寺の桜を楽しむことができました。

三宝院などに入る場合は拝観料が必要です。

桜以外の見どころもアリ

豊臣秀吉がこのお寺で大きなお花見会を開いた由緒あるお寺です。

豊臣の家紋を大きくあしらった門があり、歴史ファンなら胸アツ間違いなし!

上醍醐に入ればもっと多くの桜が見られるのですが時間もなく、ここで引き返しました。

でも、門の前だけでも十分にお花見の雰囲気を満喫できました。

ゆっくりできる場所もあるので安心

歩いて疲れたら、お茶屋さんやお土産屋さんで腰をおろして一服もできます。

桜や抹茶のソフトクリームも美味しかったですよ。

醍醐寺の詳細情報

醍醐寺花見情報

醍醐寺の詳細情報です。

住所

京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

アクセス

市営地下鉄東西線・醍醐駅から徒歩で約10分
醍醐駅からはバスが運行されています。

車の場合、名神高速道路京都東ICから国道1号を経由、府道35号を宇治方面東へ5㎞

駐車場

醍醐寺南側に駐車場アリ、1000円


開催期間

3月中旬~4月中旬まで

施設の開場時間

三宝院・伽藍・霊宝館は9:00~17:00

上醍醐への入園は9:00~16:00